【レビュー・口コミ】abrasusの 薄い財布 と 小さい財布 、両方使ってみた感想!!

みなさんの中には「薄い財布」と兄弟財布の「小さい財布」のどちらにしようか迷ってしまい、中々決められないでいる方もいるのではないでしょうか?かくいう自分も最後まで決められませんでした。結局、両方買って実際に3ヶ月ずつ使ってみて、私は「小さい財布」を選びました。その理由を今回まとめて見たので少しでも参考になればと思います。

薄い財布では無く、小さい財布を選んだ3つの理由

小銭が入れやすい

小さい財布はおつりをもらったら何も考えずに投げ込めます!容量が小さくはじめは心配だったのですが、3年間でまだ一度も小銭が入らず困った事はありません。ひょっとすると無意識になるべく小銭を使おうとしてるのかもしれません(笑)

逆に薄い財布は使って見ると小銭が入れずらく、500円玉が2枚とかになると小銭の入れ替えに時間がかかり、3ヶ月経っても少し慣れてくるぐらいで、最後までスマートじゃないなって感じました。

ズボンから抜き取り取りやすい

自分は学生の時からずーっと財布を前の右ポケットに入れています。小さい財布はボタンがやっとしまるぐらい札と小銭をパンパンに入れたとしても、小さいので親指と人差し指でスッとスムーズに取る事ができます。自分にとってはこれが決定的な差となり小さい財布を選んだ理由になりました。

薄い財布は確かに薄いのですが、サイズは普通なのでポケットにぴったり収まってしまい、取り出す際にどうしても引っかかってしまい、ストレスを感じる事がしばしば・・・特にジーパンのときはイラッとします!

限界まで入れても大丈夫

小さい財布は例えパンパンに入れたとしても、ボタンが止まるくらいなら見栄えもよく、持ったときの手のフィット感はとてもいいです。

逆に薄い財布はカード、小銭を限界まで入れると札の部分が小銭の下にうまく刺さらなくなってしまい、収まりが悪くなってしまいます。また、その状態では他の財布よりはマシですが、結局それなりの厚さになってきちゃいます

まとめ

他の人のレビューを見ていると「薄い財布」を選択してる事が多かったので、自分もはじめ本命は薄い財布でした。ところが、使って見ると上記の理由で自分には合わなかったので、「小さい財布」を選びました。小さい財布はもう3年以上使っていて2代目になります。

1代目はキャメル色のエンボスのものでしたが、1年でいろが剥げてぼろぼろになったので2代目は高島屋で栃木レザーの物を買いました。こちらは同じ使い方で2年以上経ちますが、まだまだ長持ちしそうです。たぶん次もこの財布買います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする